FC2ブログ
オール電化住宅の弱点
社会問題の続きとして。深夜電力の利用により、エコキュートなどの室外機を深夜にコンプレッサーを移動させる。この時低周波音などの騒音が発生してしまうので、各メーカーはこの騒音を小さくするように各メーカーは力をいれています。しかし、本来ほとんどの人間が睡眠時間である深夜の時間帯に移動をさせる事で機械の音による騒音の苦情が多くありました。これにより業界団体では2011年春までに設置場所や設置方法などをガイドラインにまとめると同時に、環境省によって2010年度から低周波音の人への影響について調査をした報道があります。
2011年の3月の東日本大震災によって福島第一原子力発電所事故をはじめとし、発電のインフレが発生、計画転電などが行われるなどの長い期間にわたって電力の供給に支障を起こしたために、オール電化住宅の弱点が露呈する事となりました。東京電力が販売を中止するという報道がありましたが、これは実際に新規の営業の中止であるので導入は可能となっています。


http://blog.goo.ne.jp/noriakasa/e/a200a8e30793cac4c0ba5c55097f3c69
スポンサーサイト



[ 2013/03/29 13:53 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
社会問題とオール電化
オール電化が流行ると同時に起こった社会問題。
オール電化の訪問販売トラブルについて問題点上げるとすると、全部で4つあります。一
つ目として光熱費が安くなるという事、ガス代がかからなくなる(ガスには基本料金があ
る為使わなくても支払が発生します)という事、キャンペーン中など経済的なメリットを
強調する事で、消費者の冷静な判断を妨げる様にしてしまいます。二つ目としては、国が
出す補助金制度などでの応募で契約を急がせる事があります。三つ目として、オール電化
についての機能の説明が不足している事、その過程には不必要な物を売りつけるなどがあ
ります。そして最後に4つ目はオール電化の販売業者と連絡が取れなくなってしまう事、
もしくは業者が倒産(これは計画的な倒産を含みます)するなどによって、モニター商法
のトラブルを挙げました。これらは、全ての業者を指すものではなく、ごく一部の悪質な
業者による悪徳訪問販売によるものです。

http://blog.goo.ne.jp/noriakasa
[ 2013/03/27 13:15 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
進化するキッチン
キッチンにはさまざまなタイプが登場しており、そのバリエーションの多さには驚かされます。なかでも最近とりわけ人気を集めているのが、人造大理石を使ったタイプ。

たとえば人造大理石のシンクの場合、掃除をするのが楽なうえ、色や形も実にさまざまなものがあって「自分好みの形状なのにメンテナンスが楽で使いやすい」と評判なのです。

http://www.solar-ichiba.com/voice/


しかも人造大理石なら、カウンターや作業台も同じ人造大理石を選ぶと、それぞれの継ぎ目に段差や隙間が生まれず、見た目もひと続きでおしゃれ。段差などがなければ汚れも溜まりにくいので、よりお掃除が簡単なのです。

シンクといえば、一般的にはステンレス製のものがこれまでの常識でしたが、いまやそのような固定概念は古くなっているのです。

もちろん、人造大理石は割れやすかったり傷がつきやすいのではないかという懸念についても問題ありません。実は人造大理石は熱や衝撃に非常に強く、耐久性抜群の素材。

気になる方は、是非一度、お近くのショールームで体験してみてはいかがでしょうか。その使いやすさ、メンテナンスのし方も、実際に触れてみるとより分かりやすいと思いますよ。
[ 2013/03/01 01:45 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |