FC2ブログ
太陽光発電の短所とは
発電をする際の電力量当たりのコストが他の発電方法のコストよりも割高な場合がほとんどである事。太陽の光で充電する為、夜間は発電する事が出来ません。昼間の時間帯も天候等によって発電量が大きく変動してしまう事。
配電系統へ連系する際には、設備の量の増加によって系統インフラの改造が必要になってきます。
設置する面積当たりの発電量が集中型発電方式と比べると低くなってしまう事。発電量に関してスケールメリットにより規模を拡大しても発電の効率が変わらない場合がある。
表面が汚れてしまったり、積雪などで影ができてしまったりすると、太陽光を遮蔽されてしまう為出力が落ちてしまいます。
設置場所に関して、腕時計に使われたり、電卓に使われたり人工衛星に使われたりと制約が少なく、様々な場所で用いられます。剛性があるパネルであったとしても通常の半分まで軽量化することが出来、耐荷重の制約を減らした製品も開発されています。

スポンサーサイト



[ 2013/01/29 21:18 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |