FC2ブログ
外壁建材としてのモルタル
外壁リフォーム用の建材としてのモルタルについてです。

モルタルは、砂とセメントと水とを練り混ぜてできるものです。主に仕上げ材や、目地部の材料、躯体の調整とした使用されることが多いようです。クリープ現象(時間の経過とともに歪みが発生する減少)が起こりやすいので、構造物への材料として単独として使用されることは少ないです。
特徴としましては、サイディングのように継ぎ目が出てこないのと、コーキングによるジョイントがないところが特徴的です。非透水性であるのが難点です。

かつて、モルタル壁は日本の住宅の外壁材として多く使用されていましたが、最近では、ALCパネルやサイディングといった価格も安く、防水機能のある外壁材が出てきたので、モルタル壁を採用するといったことが少なくなってきているようです。私自身も今まで現場を見てきた中で、モルタル壁に出会ったことがありません。
モルタルは、工程が複雑なため、施工日数が20日前後かかり高コストになってしまうのと、施工後に亀裂が入りやすいという点もあります。
施工方法としては、構造材にラス板(モルタルを塗るために貼るスギの板)を固定してからその上に防水シートを貼り、金網を固定し、モルタルを2重塗りしていく。その間には、ナイロンのネットを入れて塗ってある。そして、モルタル感想後に塗装などをしていくといった工法になっています。
このモルタル壁を施工するには、熟練された職人さんじゃないと難しいそうです。
今現在、住友林業さんがモルタル壁を標準工法の1つの選択肢としてあげています。

今日はこれまで
スポンサーサイト



[ 2012/12/30 23:14 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エコポイントと太陽光発電リフォーム補助金
エコポイントと太陽光発電リフォーム補助金について
自分で調べたことを少しずつ説明していきます。
エコポイントとは、家電エコポイント事業による地球温暖化防止、経済の活性化、地上デ
ジタル放送対応のテレビの普及が目的として、省エネの性能が高いエアコンや冷蔵庫、地
上デジタルテレビを購入した人に対して一定のポイントを与えてこれを使い商品を購入で
きるようにした制度です。
開始は2009年の5月から始まりました。最初のうちは2010年の3月31日までに購入した対
象商品がエコポイントの付与の対象となりましたがその期限が延長され、2011年の3月
31日までとなりました。
要するに省エネのあるものを買う事による省エネ商品を普及させるという事ですね。これ
によって家電製品が驚くほど売れたのではないでしょうか。
売れた結果、期限の延長を何度も行っています。エコに対しての善意も消費作用に大きく
関係している様です。こういった制度は他の物でもやると良いのではないのでしょうか。
[ 2012/12/20 18:43 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
岡山県の立地で太陽光発電

岡山県のホームページを見ていたら、こんなものをみつけました。
トップページ>分野でさがす>しごと・産業>商業地・企業立地>企業立地>メガソーラー設置候補、ページの場所はこんなところにありますが、内容をみてみるとかなり大きな計画のようです。
岡山県では2011年3月に「おかやま新エネルギービジョン」を策定して、岡山県の立地を生かせるのは太陽光発電だという考えのもとに、2020年までに県内に25か所のメガソーラー施設を誘致することを目標にかかげています。いまのところ決まっている候補地は20か所です。
2012年10月24日現在で事業者が決まっているのは5ヶ所。20か所の候補地のうち、4か所が県の所有地で、残り16か所は市町村が所有する土地ということです。ホームページには候補場所をしめす地図が掲載されており、海に近い場所が多いものの、内陸部にも多数の候補地が決まっています。
さらに、岡山県の企画課新エネルギー推進室では残り5か所の候補地の土地提供をつのっているようです。
http://www.solar-ichiba.com/price/toshiba.html
[ 2012/12/04 18:02 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |